ディーラー 下取り 損

クルマを高く売りたいなら、5つの重要なポイントを実践すべし

これから、クルマを高く売るための具体的な手法(5つのステップ)を解説していきます。

 

今回の例では、新型マーク]をディーラーの下取りよりも、65万円高く売った事例を紹介します。

 


違う車種でもこの手法は試す価値があると思いますので、

 

長文になりますが、お付き合いいただければと思います。

1.中古車一括査定サービスへ登録すべし。

早速、中古車一括査定ができるカービューへ登録してみました。

 

すると30分も経たないうちに電話がバンバンかかってきました。

 

対応の早さにびっくりしました。

 

こちらはもともと車を売る気があったため、

 

「じゃあ何月何日に私の自宅まで査定に来てください」とお願いしました。

2.複数業者を同時に呼ぶべし。( 業者をバッティングさせるべし )

業者同士で査定額を競わせるのです。

 

業者はプライドを持っていますので、いつもより頑張った金額を提示してきます。

 

私の場合はビックモーターさんとガリバーさんの担当者をバッティングさせてみました。

 

するとガリバーの担当者さんは230万円で買取ますと言ってきました。

 

ビックモーターの担当者はガリバーさんより高く買い取りますといって、

 

235万円を提示してきました。

 

ここで売却の契約をしてはだめです。

 

MAX235万円であることを記憶しておきます。

 

担当者へは1週間待ってくださいと伝えておきます。

 

1週間なら待ってくれます。

3.複数業者に査定した後にガリバーを呼ぶべし。

ここで選定する業者はガリバーさんです。

 

ガリバーさんは買い取った中古車を自社販売もしていますので、

 

欲しい人がいればぎりぎりまで値を上げることができます。

 

 

ちなみにアップルさんの戦略は買い取った中古車を業者が参加するオークションへ出品しています。

 

 

ここで勘の良い方ならお気づきだと思いますが、

 

アップルさんは中古車オークションで売れる相場を基準に査定をしています。

 

 

ガリバーさんは自社販売でも店頭に並ぶため、エンドユーザーに売れる相場を基準に査定をしています。

 

オークションを通さないため、その分買取相場も上がります。

 

 

担当者にはアップルさんやビックモーターさんなどの他社に査定してもらったことを伝えます。

 

ここで金額をばらしてはいけません。査定が終わるまで黙っていてください。

 

査定額が提示されますがおそらく最高値は提示されないでしょう。

 

アップルさんなら230万円で買い取ってくれると言っていたことを正直に言います。

 

 

後々の作戦に響いてきますので、ここで嘘はつかないで下さい。

 

また、自分の希望もここで言います。

 

 

今までの最高査定より5万円UPさせた240万円を希望として言います。

 

最高の決めゼリフをここで使います。

 

 

「240万円なら今日契約します。」

 

 

この一言が爆発的な威力を持ちます。

 

 

即本部へ電話をしてくれます。

 

業者の営業スタッフもノルマというものがありますので、真剣に対応してくれます。

 

また営業スタッフは自分のお金ではなく会社がお金を支払うことになるため、

 

多少やんちゃな額でも聞いてくれることはあります。

 

迷ったふりをしながら対応するのがポイントです。

4.納車までは代車を確保すべし。

この技は納車直前に実行すると大変有利ですが、

 

今すぐ車を手放すと移動手段がなくなって困るケースがあると思います。

 

 

そんな場合どうしたら良いかと言うと、ディーラーに中古車買取業者の方が高く買ってくれるので

 

中古車買取業者へ車を売ることを正直に伝えます。

 

 

先に車を手放すから新車が納車されるまで代車を貸して欲しいことを伝えます。

 

 

ディーラーは新車を契約してくださった大切なお客様のお願いは聞いてくれます。

 

中古車買取業者へ車を売ったら、納車までしばらく代車で我慢します。

 

 

もちろんガソリン代は自分で払います。これで納車まで過ごせば良いのです。

 

この方法は中古車を買った場合でも使える手法です。

 

中古車を購入したお店で納車まで代車を貸して欲しい旨を伝えれば対応してくれます。

5.めんどくさいと思う気持ちが65万円です。

ディーラーのみの下取り査定を鵜呑みにしてそのまま契約すると175万円での売却でしたが、

 

いろいろ争わせることによって最終的に240万円で売ることができました。

 

65万円の差額ですよ。ありえなくないですか?

 

確かに納車日まで今の車に乗って新車が納入された時にディーラーで車を交換すれば楽ですが、

 

その裏で大金が動いていることを知っておくべきだと思います。

 

面倒だからという理由でディーラーで下取り査定だけするのは大変危険です。

 

今回のケースの場合、めんどくさい価格が65万円ということになります。

 

新車へ買い換える予定があればカービューへ登録して業者同士を競わせて、

 

プライドをぶつけ合わせて高く売った方が断然お得です。

 

私が実際に成果を出した方法なので是非試してみてください。

 

 

<< 無料!! 3分でいますぐ愛車のチェック査定完了 カービュー公式サイトへ >>