タイミングベルト 交換時期

タイミングチェーンとタイミングベルトの交換時期の目安

チェーンとベルトの違いで最も大きい点は、

 

タイミングベルトは約10万キロが交換の目安とされているのに対し、

 

タイミングチェーンは交換寿命が約30万キロと、

 

ほぼ廃車まで交換しなくて良いメンテナンスフリーの部品という点です。

 

 

タイミングベルト

 

 

 

さらに「切れることがない=バルブクラッシュを考慮しなくてもよい」という事なので、

 

ピストンにバルブクラッシュ防止のバルブリセスを深く掘る必要がなくなります。

 

 

これによりターボエンジンや高出力NAにおけるバルブリセス付近の熱滞留が無くなり、

 

ノッキングの減少、熱害低減によるピストンの耐久性向上、

 

理想的な燃焼室形状の採用による燃焼効率の向上などの効果も得ることができるようになった。

 

 

またタイミングチェーンはベルトと異なりオイルを介して潤滑を行う事から

 

オイル中の異物の影響を受け、摩耗による伸びに関係してくる。

 

 

タイミングチェーン

 

 

 

特にススが混入しやすいエンジンでは影響を受けやすい。

 

このためオイル管理はタイミングベルトの場合に比べ重要となる。

 

 

クラウンで説明すると、ゼロクラウン以降(2003年〜)タイミングチェーンが採用されています。

 

その前はタイミングベルトです。と言うことはつまりゼロクラウン以降であれば、

 

タイミングベルトの心配をしなくて良いということになりますね。

 

オイルのメンテナンスは必ず行うのが条件です。

タイミングチェーン採用車種なら走行距離は30万キロまでOK

私はいま現在(2013年9月)ゼロクラウンのアスリートGパッケージに乗っています。

 

購入時の走行距離は、なんと18万キロ超えです。

 

各部品、潤滑油のメンテナンスはもちろん必要ですが、

 

メンテナンスさえしっかり行えば、まだまだ乗れるクルマです。

 

 

クラウンアスリート アスリートGパッケージ ライトブルー 18万キロ超え

 

 

アスリートGパッケージと言えば、純正ナビ、クリアランスソナー、

 

全席本皮パワーシート(ヒーター付き)、バックカメラ、クルーズコントロール、

 

冷蔵ボックス、マイコンプリセットドライビングポジションシステム、

 

などなどフルオプションで定価500万円越えの高級車です。

 

 

その高級車が、なんと、なんと、69万円で購入することができたのです!

 

しかも2年車検付き♪

 

 

クルマのことを少しでも知っていると、高い買い物をしなくて済みます。

 

少しでも安くクラウンに乗りたいと思っているあなたには最適な情報です。

 

 

 

当サイトで紹介している車を30万円高く売る方法を実践して、

 

あなたもクラウンオーナーになりませんか。

 

 

 

 

<< 30万円損しないためのテクニック!! いますぐ知りたい方はこちらをクリック!! >>